2018年11月 - kuunpoika













海外のヴィンテージやアンティークなどもセレクトされた、蚤の市みたいな催事で、一目惚れしたドールドレス。
もし着せられなくても好みだから買おう。と購入して、着せてみたらちょうど良い感じのサイズでした。わーい!
今回はSDのオフェリアさんに着せてるから、少し大きめなんだけど。Grでは丈もちょうど良いです。
柔らかい手触りとさりげないレースやピンタックが好みです。




最近は、時々棚から出して着せ替えて、眺めて癒される~ってしみじみしながら満足しちゃいがちです。
その時の可愛いなー好きだなーという気持ちや時間を写真でも切り取れてるといいなあ。

オスカルとアンドレ



クリスマスフェアのプレオープン招待状が来ていたので、今日遊びに行ってきました。
地下に展示されていたオスカルさんとアンドレさんが撮影可能で、店員さんにインスタ等掲載して良いのか聞いたら大丈夫とのことでしたので、撮らせて頂きました。
撮影の設定あまり気にせず撮って、白飛びしちゃってたり、色設定も変になっちゃってたりしているので、参考にはならないかもですが…汗。









アンドレさんはニュースで見た時、リゲルとかブラックジャックとかの好きなヘッドの雰囲気に近い気がして可愛いお兄さんだなあと思っていましたが、
実物は思っていた以上に憂いがあって、大人っぽく見えました。






オスカルさんは意外とリアルっぽいお顔の雰囲気だと感じました。
凛々しくて美しくて、そして意外と優しく微笑んでくれているようにも見えたりして。
実物見て、ニュースで見たよりもっと好きになりました。

二人とも、まつげ(つけまつげでなくメイクの方)が美しくて、イラストの雰囲気を取り入れている感じがしてすごかった!
特にアンドレさんの目尻辺りのまつげがとても好きです。




お顔はもちろん、衣装も格好良くて細かい部分も凝っていて素敵でした。
二人の魅力はわたしの写真よりも実際に見て頂いた方が絶対伝わると思いますので、
気になっていて、展示期間に里や窓に立ち寄る機会のあるかたは、是非その目でご覧になってみてください。


2周年






神楽さんが来てから今日で2年。来てくれた時本当に嬉しかった。これからもよろしくね。
今年はちょっと紅葉の季節は遅れているのかな? あまり紅葉の様子をニュースなどで見かけないような。また紅葉と一緒に撮りたいなあ。




最近、すみかのワンオフさんにも2010沖田くんが出てくるようになりましたね。
沖田くんヘッド大好きなので、ボークスさんのインスタで紹介される写真見ると嬉しくなります。今の窓のワンオフさんも可愛い~

ボークスニュース最新号、届いていました。以前発表されていたベルばらドール、来月の登場なんですね。
ベルばらは、内容は全くわからないのですが、イラストは様々な媒体で見て存じ上げています。
ドールのオスカルさんもアンドレさんも、美人さん! 昔からあったらいいなって思ってた16少女のS胸ボディ登場に心がざわついてしまいます。
表紙開けたページでピースしてるオスカルさん、ギャップがあって可愛らしくて好きです。
アンドレさんのカジュアル服モデルの姿が特に好きな雰囲気。
二人とも里で先行展示があるみたいなので、実物ぜひ拝見してみたいです。

昔のスタンダードやフルチョイスの若い番号が廃盤になっていきちょっぴりさびしい反面、期間限定復刻やDearSDなどで新たに生まれ変わったり、
沖田くんの他にもケイリンやアーヴィンもすみかワンオフさんに出てきていたり、今までの限定SDもメイクなど新しくなって再販されたり、
ドール始めてSD好きになるきっかけになったり当時好きだった子たちが、また新たな姿で見られる今、とても嬉しいし楽しいです。
間に少しブランクはあるのですが、自分のドール好き趣味も10年という大台に近づいてて、そろそろ落ち着きたいかな。とは思うのですけど、
こうして新作の子が出たり、今回のドルパのベストセレクション抽選販売や年始のすみかメモリアルワンオフのお知らせとか、見ると気になっちゃうよね。
クリスマスの雰囲気が大好きなので、クリスマスフェアもお知らせ見てるだけで心が躍る。
今後も楽しいことがいっぱいありそうで、わくわくします。

only in my dreams



夢の中では、まるで現実のように見える





呼び名付けたり、基本的なイメージというか、このウィッグやアイが落ち着く。っていうのがそれぞれにありますが、ドールそのものは「物」と捉えて扱っています。
ドールそのものも、かわいい、格好良い、大好きな、大切なもの。
撮っている時はその時々で良いなー好きだなーって、無意識な感覚的に撮っています。

撮った写真を後から見た時、こんな雰囲気やこんな性格かなあとか、こう言ってそうとか、日常風景や物語の一端、そんな風に見えることがあります。
なのでわたしのドールたちは今まで、設定をつけるというよりは、ドールから感じたイメージを後からあてはめている感じ。
前にも書いたことがあると思うのですが、写真を見てると頭の中に歌が流れることもよくあります。
このセレナさんはDebbie Gibsonの『Only In My Dreams』
眠って見る夢の中にドールが現れることも多いので、なんだかぴったりだなあと。

ファインダーというフィルター越しに、夢と現実との狭間を超えられるような。
写真もドールも、その不思議な感覚があるから、おもしろい。
現実から夢の世界に、夢の世界を現実に
これからも、穏やかに過ごしているドールたちを夢見ていけたら幸せです。