クロードとレイン






改めまして、ウィリアムズ Romantic Glance ver.が届きました。
我が家での呼び名はクロードです。
ボークスさんの愛の王子クロードさんと紛らわしくて申し訳ないのですが、王子さんとは全く関係なくて、
ドールを始めるよりずっと前から絵や小説や頭の中に描いてきたオリジナルキャラの名前です。






ウィリアムズさんが発表された時、一目で「彼こそ探し求めていたクロードだ」と思ったりしました。
だからクルーズ当たった時は本当に嬉しくて、それからずっと待ち遠しかった。
理想を超える素敵なドールが来てくれて、目の前にいることに感激しきりです。







ウィリアムズさんのデフォルトウィッグを着けて一緒に並べてみたベスさんが、クロードと対になるキャラのイメージに似合うと感じたので、ベスさんの呼び名はレインになりました。
創作とドール二重の親ばかここに極まれりですが、二人が幸せそうに見えて嬉しいです。








古い絵ですが彼らの元となったキャラ。
昔からたくさん創作キャラや物語を考えてきた中でも特に気に入っていて、今でもずっと特別な二人。
ドール趣味を始めてから、創作キャラをドールで表現しているオーナーさんを多く拝見してきて、いつしか自分もドールとして表現するのも良いかもしれないと思いました。
表現するなら絶対にこの二人にするんだと思って、国内・海外問わずイメージに合いそうなヘッドを探し続けてきました。
ベスさんはこのイラストとは違って眠り目なのでレインにしようとは思っていなかったけれど、ウィリアムズさん改めクロードと並べた途端に、不思議と見え方が良い方向に変わりました。
素敵なドールと出会わせてくれて、制作や販売してくれたメーカーさんにはありがとうの気持ちでいっぱいです…!

二体とも基本的にはキャラのイメージでありつつ、それとはまた別に、一つのドールとして様々な雰囲気の着せ替えや撮影を楽しみたいと思います。



スポンサーサイト

ベスさんの名前。

先日ベスさんの呼び名を決めて記事に書いたのですが、その呼び名とは別のものに変更しようかなと思います。

本日眠り目のウィリアムズさんが届きまして。
7月下旬まで順次でのアナウンスがあったので、のんびり待とう~と思っていたところ突如届いて、びっくりしました!
ウィリアムズさんはイメージにするつもりのオリジナルキャラを決めていました。
そして同じ白肌の眠り目さんだから並べてみようとベスさん並べてみた時に、ずっと自分の納得できそうな雰囲気の子を探してたキャラのイメージに似合うと思ったので、ウィリアムズさんに合わせて呼び名をつけることにしました。

一つ前の記事は元々ベスさんの呼び名が決まったという内容を書いていたのですが、その時とは違う呼び名になるので、該当の文章部分だけ削除しました。
見てくださった方がいらっしゃったら、すみません。

ねむねむウィルさんが初日に来ると思ってなくて油断していたから、ロザリオ型ネックレス作る余裕がなかった。
資材が揃ったら二人分作ってあげようと思います。























流し目がとても素敵で、アイのグルーを外すのをまだためらっています。

***

ベスさんヘッド、髪で印象がずいぶん変わって見えるんです。









他にも手持ちのウィッグ総動員して試し撮りしましたが、数が多かったので、特に好みだと思ったのをぺたり。
ショートも結構好きだな~
中性的で大人っぽくも少女っぽくも少年っぽくも出来るのが好きで、ベスさんもそのタイプだとわかって嬉しいです。

写真とフォトブック





京都ドルパの時に申し込んでいたプライベートフォトサイトの写真と、先日個人的に作成して注文したフォトブックが届きました。
フォトサイトのは、撮影中に髪や角度など微調整重ねてくださって、プロはやっぱり違う!すごい!と感激しておりました。
わたしは普段そこまで細やかに気配りできていない。
髪の流れや、コートの裾レース部分が綺麗に垂れているのが素晴らしくて、素敵にして頂いてとっても嬉しいです。
めぐとこまめのイラストが、レイズナーとマスカレードドレスになっているのが可愛い♫

フォトブックは、A5サイズで作りたくて、試しにしまうまプリントという所で注文してみました。
光が反射してしまっていますが、マット系の質感で結構好きな感じ。
昔からA5~A4サイズのイラスト本に馴染んでいるわたしにとっては、ページをめくる感覚もサイズ感もちょうど良い。
数年前に文庫本サイズのフォトブックも注文したことがあり、時々画像を一枚の写真としてプリントしたりします。
お気に入りの写真が紙媒体や本という「形」になって、手元に触れられるのが楽しくて好きです。
今回は、クーさん、桜さん、神楽さん、ティアナさん、セレナさんの今までの写真から何枚か選んで、記念の一冊になりました。
フォトブック作れるサイト検索してる時に色々あったから、今後また別のメーカーさんのも試してみたいと思います。












ベスさん





先日受け取り可能の連絡があって、ベスさん受け取ってきました。
呼び名はまだ考え中。









ベスさんのお顔はちょっぴりアンニュイな雰囲気。
チョーカーにしているのは、何か月か前に初めてナナイロサロンに行った日に買ったディーラーさんのアクセサリー。
淡いピンクのリボンが可愛らしくて、お花が入っているのも素敵で、受け取り後のベスさんに着けてあげたいと思っていました。
本来は幼SD~MSDくらいのペンダントなのですが、ベスさんならチョーカーにできるかも…と思ったとおり、ぴったりです。













うちにはふんわりピンク系で優しげなメイクの子が来てくれました。
まつげは長いけど厚くないので、瞳が結構見えてる。目に光が入るとかわいい。
口紅の色と馴染んでいるから主張は強くないものの、少し口角の線が上がっています。
中原さんのイラストを再現している独特の眉は、優しい色合いとふんわり感があって、特に気にならず、むしろ好きな感じです。
画像では写せてないのですが、間近で見ると、眉頭に少しだけ白で毛の流れが描かれています。
唇も霞さんたちに見慣れてるからか、色が付いていても違和感なく受け入れられたかな。




展示を見た時に、ちょっと雰囲気が似てるかも?と思った伏し目の霞さんと並べてみたら、似てなかった。笑
ベスさんもしっかりメイクされていますが、並べると淡く見える。
霞さん、というかセレナさんがまつげ厚くて濃いめなのだと思います。




撮ってたら家族に「この子(ベスさん)ことりの好きそうな感じの顔」と言われました。笑
呼び名色々考えてたんですが、顔を見て頭の中でその呼び名たちを思い浮かべても、これだ!って思う感覚がまだ無くて。決まるまでもうしばらくかかりそうです。















先日少し撮影して箱にしまおうと入れた時に、セレナさんが良い笑顔に見えたので、ティアナさんもセットしてセレモニーのイメージで撮ってみた。
収納スペースを出来る限りコンパクトにしたくて、ティアナさんとセレナさんは一つの箱に一緒に入れて保管しています。
うちでは双子や姉妹の設定は全くありませんが、箱を開けた時や、取り出した後になおす時、フェイスカバー越しでも、撮影後のまだウィッグ着けた状態でも、何となくふたりはいつも楽しそうに見えるんですよね。不思議です。
一年とおよそ二年の記念に、薔薇の会の日にセレモニーをしたいと思って先月問い合わせたのですが、その時は5月中それいゆの展示が開催されるのをすっかり忘れていて。(降臨台に展示があるので期間中はセレモニーがお休みです)
確認不足の状態で問い合わせてしまって申し訳ない限り…。展示期間以降また機会があれば是非と、親切丁寧に対応してくださったスタッフさんにはありがたい気持ちでいっぱいです。
今度はイベントや展示がないかスケジュールきちんと確認してから、休みや予定の合う時にいつかできたらと思っています。

Ich bin deine Serenade
























5月21日、今日でセレナさんがお披露目された日から早いもので1年。
当時、インスタグラムで先行公開された写真を見た時に心を掴まれた感覚がずっと忘れられません。
朝投票に行く前に神社へお詣りして、おみくじが大吉で、待人:来る。驚く事あり。で、もしかしたらもしかして本当に来てくれるかもと、不思議な予感が働いていた一日のこと。
今年も同じく薔薇の華の会で、それいゆ展示の撮影ブースも魅力的で撮りに行きたかったのですが、仕事で行けないので、代わりに家でデフォルト姿で少し撮りました。










手元へ来て数か月経ったある日、ふと「私はあなたのセレナーデ」と微笑みかけてくれたように見えたことがあります。
そしてこの写真を撮った時も、そんな風に言ってそうに見えたのです。
うちに来てくれてありがとう。これからも大切にしてまいります。







真綿のような夢の繭に溺れていたい



夢のような場所



クルーズに参加した翌日、ずっと行ってみたかったカフェに行きました。
ドールハウスやアンティークに囲まれた空間。日常の喧騒を忘れてしまうくらい素敵な、夢のような場所。
店員さんに自分のドールを出して写真を撮っても良いか許可を頂いて、ティアナさん出して撮らせて頂きました。
ずっとこのままここにいたいと思う程、心ときめき満たされました。
ありがたいことに、他にこの場にいらしたお客さんとも少しお話させて頂きました。
自分と同じようにお人形やミニチュアなどが好きな方と楽しくお話出来て、SDのことも受け入れて頂けて嬉しかったです。









東京から帰ってきて以来、最近特に慌ただしくしているので、日常の全て忘れて旅に出たいと強く思う。




ランチを頂きほっと一息。美味しかった!
新幹線の時間の都合で短い時間で慌てて出たから、また東京へ遊びに行く機会のある時はゆっくりのんびり行きたいです。








本棚や壁に、ドールハウスがたくさん。






ドールハウスやミニチュアは、SDと比べても更に小さくて、でも精巧で細やかで、感動的です。
写真で写すと本物の人間サイズのお部屋に見えるくらい。奥が深い。











































楽しかったね。
自分のドール用背景にお部屋作りたいと思いながら、なかなかイメージが固まらずにいますが、目にしたドールハウスのように素敵なお部屋をいつか作りたいと改めて思います。

兄弟












夜に思い立って2体を出して兄弟で並べてみたら楽しくなって、ちょっとだけ撮りました。






伏し目の桜さんが兄で、通常版の神楽さんが弟。
メイクアップアーティストさんは別だけど、見るたびやっぱり不思議と似て見える。
華奢な兄上と、並ぶと少し背の高い弟…神楽さんのイメージが最近やっと見えてきたかも。

該当の記事は見つかりませんでした。