Waiting For Love









写真を撮っている時・撮った写真を見ている時、音楽が頭の中に流れることがよくある。
逆に、不意に頭の中に音楽が流れ出した時、撮った写真が思い浮かぶことがある。

この日のクーさんの写真の一部は「♪Thursday waiting for love」と思い浮かぶ。
一週間の曜日の数え歌のようなフレーズがあって、昨年知って大好きになって以来「今日は何曜日だ」と認識すると、頭にその曜日のフレーズが浮かぶ曲。
このクーさんの写真は、木曜日でなくても、サビが浮かんでそこから一曲ぐるぐるめぐる。

時々、他のオーナーさんに「クーさんはとても優しい顔をしてる」とおっしゃって頂きます。(ありがとうございます。)
優しく穏やかに微笑んでいる顔を見ると心からほっとします。
写真に撮ることで、その瞬間わたしが見たり感じたりしたかけがえのない時間を切り取って残せていたらいいなあ。
なかなか出せない日々が続いていますが、ドールは逃げない=待っていてくれると思うので、のんびりゆったり楽しみましょう。





スポンサーサイト

ふわふわ夢の中。












素敵なボンネットが届いた日、持ってるお洋服に合わせてみた。
夢の中のお姫さまのような感じになってかわいい。




祈りは深く



















書斎カフェ





名品市に行った日、お会いしたオーナーさんにお誘い頂いて、書斎カフェにも行きました。
京都にある『Secret Guardian Ⅱ』というお店。
店内にもドールが飾られていて、ドール持参して自由に出して撮影しても良いとのことで、以前お話を伺ってから気になっていて。
この日初めてで、せっかく行けるのだからドール持って行きたいと、急きょ一旦帰ってティアナさん持って行きました。
取りに帰る時間を頂いて、ありがとうございました。









店内の本は自由に読んで良いはず。(この日は食事と撮影とお話に夢中で聞きそびれてしまいました)
どくろなどのダークな飾りも、天使さまやマリア様の像なども、ぬいぐるみもあったりと、不思議な空間。
大好きな海外のイラストレーターさんのポスターがカウンター周りにあって、画集もあって、店員さんと盛り上がったりして、大感激でした。









座らせて頂いた席には暖炉があって、この暖炉と、乗っているマリア様とティーカップ&ソーサーがほしいくらい好きでした。
ドールサイズぴったり。

カフェなので、食べ物飲み物もあります。
おなかがすいていたので、パスタセットを頂きました。
ちょうど食べたいと思っていた生ハムがあることに歓喜…デザートもおいしかった!










お誘い頂いた方のうささんとうさみみ記念写真。
ティアナさん持ってくる時に一緒にラピスさん(黒の騎士)も入れたので、さりげなく増えております。
うささんのお写真ほとんど撮っていなかったのが心残りですが…
とても楽しくて、お食事もおいしくて、店員さんや他にいらしていたお客さんともお話させて頂いて新たな出会いがあったり。
このような素晴らしい機会を頂きありがとうございました。




ザブダさんのとびだすアリス絵本があったので、一緒に撮ってみた。
ゆったり居心地の良い時間を過ごせました。また是非、遊びに行きたいと思います。

名品市のこと



4月29日の名品市に遊びに行きました。
整理券がなくても当日券で入れるとのことで、ちょうどお休みだったので、当日の朝、見に行きたくなり、何となくかばんにミトラさん(白い司教)を忍ばせて。
偶然たくさんお会いしたお知り合いオーナーさんの皆さま。その中で、ドールさん連れてる方がいて、ちょっとだけ撮らせて頂きました。
作家さんの、ビスクドールのうさぎさんです。とっても可愛い!感激です。








わたしの入った時点では、特にお洋服系はほとんど売り切れておりましたが、
色々参加者さまたちのブースを見て回って、好みな小物を購入させて頂きました。

お花のヘッドドレスを購入させて頂いたBack L.ashさまでは、先程のうさぎさんと、うちのミトラさんも一緒に、撮らせて頂きました。
格好良いお兄さんと並ばせて頂けて、幸せです。ありがとうございました!









こちらは別のディーラーさんの。
どのお部屋やブースも、人が結構いて、あまり撮らなかったので、会場の写真は少しだけ。

オークションモデルの展示なども行っていて、大好きな漫画家さんデザインでコラボしたドールさんもあって、
SD以外の種類のドールも数多く拝見出来て、とても楽しかったです。







小物はさっそく飾ったり使ってみたり。素敵なものに出会えて嬉しいです。






さくら さくら




















桜さんにとオーダーさせて頂いていた角が、4月、桜の季節に届きました。
サイズ感と色を伝えただけなのですが、イメージにぴったりで、感動しきり。











この角の元となったサンプル写真を拝見した頃に、昔描いたオリジナル絵が頭に浮かんで、わたしの思い描く世界が現実にあると思いました。オーダー受付された時は嬉しかった。



これがその絵。創作は十数年前からしているので、絵の方が古いし、この絵もそれ以外の絵も、わたしのイラスト&オリジナルキャラとドールには人物や設定などの関連はありませんが、求める物や描きたい物、頭の中に広がってる世界は似ているんだろうな。
数年前にドールというものを知ってイラスト以外でもこういう表現が出来たらいいなって思っていたのが、今、ドールで叶っています。




神秘的な姿を実際に見て撮ることも出来て、感謝の気持ちでいっぱいです。
素敵な作品とご縁に感謝します。


光と影













数ヶ月前から設定やモードを替えてみてから、暗い写真も撮るのが楽しい。
同じ白のスタジオだけど、設定調節したり編集の時に暗さを足して見たりしながら、楽しみました。





今更ながら、コメントありがとうございました。
ばたばたしたり色々あって、お返事のタイミングを逃してしまい、申し訳ありません。
いつも頂いたお言葉やお心遣い、ありがたく大切に拝読しております。
私信で恐縮ですが、もしかしたら地震の近い地域ではと、心配しておりました。
もしそうでも、そうでなくても、ゆったり楽しいことを楽しめていらっしゃいますように。

5月ももう折り返し。気付けば暑さの続く気候に…。
わたしは暑さには強くないので、これからしばらくの日々は特に、無理しすぎないよう気を付けます。


きみを待つ
























スタジオでの写真。黒系で合わせたふたり。











きらきらティアナさん。




楽しそうな感じ。一枚の絵のような感覚で撮るのも、自分と向き合っているような自分目線で撮るのも、楽しい。
スタジオだと普段なかなか難しい全身で撮れる感動があって嬉しかったです。

緑のひとみ












普段は撮った順番に記事を更新していてまだ追いついてないけど、たまにはリアルタイムに。
お友だちの沖田くんを見たら、わたしも桜さんを撮りたくなって、
昨夜ちょうど新しいグラスアイが届いたので寝る前に変えてみて、今朝少し撮った。

彩度の低めの、緑のひとみ。穏やかさが増したような気がして、好きな茶髪にも合ってなかなか好きな感じ。
桜さんはアイホールが独特なのと、まつげの感じとで、瞳の色やサイズ、位置の調節がちょっと難しいけど、好きな感じの色や雰囲気、眼差しが見えると、とっても嬉しくなって、楽しいです。




たぶんリゲルくんのアイだと思われるのですが、桜さんにつけるとアイに入る光の関係か、ちょっと暗めになる。それが更に好きだなあって思いました。

ちょうど机に置いてたティアナさんと、久しぶりにクーさんも出して、雰囲気見てみようと並べてみた。
雨が降ってきて陰ってきたので並べたのは少しだけ。
ばたばたしていたのが、とりあえずやっと一息、好きなことに没頭できる束の間の癒しの時間です。













髪や瞳でも印象が変わって、色々試したり遊べるのがドールの醍醐味で、それはこれからも変わらず。
今日は、いてるだけでほっと安心できる「クーさん」「桜さん」「ティアナさん」の感じに見えた。
桜さんはいまだに髪と瞳が定まりきれてなかったのが、ちょっとずつ基本的な固定イメージが見えてきたような気がする。

昔から大好きな歌の歌詞の中に「それは緑のひとみで あなたに微笑む」ということばがあって、それが心に根付いていて、
わたしにとって「緑のひとみ」は特別なこだわりのような嗜好なんだろうか??
ティアナさんを見ていてふとした瞬間この歌がよぎる。緑に変えた桜さんを見ても、昨夜も今朝も、頭にぐるぐる歌が流れてる。
普段青いので見慣れているから、まだまだ見慣れないけど。しばらく、桜さんはこの瞳にしてみようかな。



***

イラストグッズのwebshopをご利用いただき、ありがとうございます。
到着のお知らせもありがたく拝見しております!感激です。
現在、発送準備している分がありまして、そちらの発送が完了しましたら、shopは一旦クローズさせて頂きます。
ご関心頂いた皆さま、誠にありがとうございました。


どこまでも優しい夢を





















“夢を見よう、どこまでも優しい夢を”





***























光に包まれた白い風景を撮りたくて、念願が叶いました。
数年間抱いてきたわたしのイメージ通りの、優しくて甘い夢の世界が垣間見えたようで、とても幸せです。


該当の記事は見つかりませんでした。