天使の里(3月28日)



3月28日に里へ行った時の写真。

この日は桜さんのセレモニーを予約していて時間が決まっていたので、のんびり。
嵐山駅に着いた時、ぱらぱらと通り雨が来て、青い空の下でしたので「狐の嫁入り」でした。







公園の桜を夢中で撮っていたら、いつの間にか雨も上がっていました。

渡月橋を渡ってまだもう少し時間があったので、竹林の小径の方へも寄り道して、そちらでは椿の花も少し見ることが出来ました。




里は春の装飾に変わっていて、ところどころに金色の蝶の飾りが舞っていました。














セレモニー後の桜さんはどことなく楽しげな感じに見えた。






一年前と同じように、青に映える栖鳳桜。
地面近くまで枝が垂れている部分があって、今年も桜さんと一緒に。




一度撮ってみたかった小川と橋の場所。
昨年は扉の所、今回はここ。桜さんは里のお庭で撮りたい風景を二度も叶えてくれました。


Grボディは腰や膝がすぐ曲がりやすい。と、他のオーナーさんもおっしゃっているのを結構見聞きしていて、わたしもたまにうまく立たせられなかったりすることもあったので、この機に工房へ行って、テンションゴムを見て頂きました。
そしたら桜さんは元々限界近くまでかなり強めに張られているとのことで、特にテンションゴムに問題は無し。
立たせてポーズするときに腰や膝ががくっとなることがたまにあることを相談したら、Grの元々の造形というかバランスというのか、重心の取り方のことを少し教えて頂きました。
立たせた時だと、元々猫背になるのが通常のよう。背中をまっすぐにしようとしたりで分割部分をずらすと、重心もずれやすく曲がってしまう可能性が高い様子。
いつも感覚的に動かしているので、丁寧に教えて頂いて勉強になりました。

工房へ行った後は洋服に着せ替えました。そちらは次回の記事に。


スポンサーサイト

HTドルパ京都&天使の里(3月13日)



記事の時系列の順番がちぐはぐになってしまっておりますが、先日のドルパと里で撮ったティアナさんの写真を載せて参ります。
日付を見たらもう一か月くらい前のことなのっと思いました。時の流れは早い…







『夢天使』なティアナさんに天使の翼が生えたひととき。
朝の青空スペースと、夜の星空スペース。ミシェルさんとリゲルさんの展示をはさんで並んでいてどちらも素敵だったなあ。


***











この日一番きらきらして写った写真。









上の3枚は、お会いしたオーナーさんのカメラをお借りして撮らせて頂いたもの。お貸し頂いてありがとうございました。
格好良く撮ってみようと思ったのもあって、きらきら写真と全く違う雰囲気になりました。
ティアナさんの緑の瞳がとても好きなので、つい撮りたくなります。






自分のカメラに戻って。スタッフさんが「撮らせて頂いてよろしいですか?」と声をかけてくださって、もしかしたら載せることがあるかもしれませんとおっしゃっていて、
後日更新されていた里のアフターレポートに、この時のティアナさんが載っていました。感激です。ありがとうございます♪


追記に、他の方々と一緒に撮らせて頂いたものをたたんでおきます。

君へ







この想いが届きますように。





追記は頂いたコメントへのお返事です。ありがとうございます!


該当の記事は見つかりませんでした。