2015年12月 - Angellyca

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロザリオ型ネックレス(グリーン+白系)



ロザリオ型ネックレス。ビーズのつなぎ目に十字架パーツを使用したデザインです。
出品にあたり、センター部分と垂れ下がっている十字架のパーツを変更しました。
ビーズの組み合わせと長さは自宅で使用していた時から変更はありません。




主にクラフトショップで購入した金具・チャーム・ビーズを組み合わせています。
ビーズはすべて天然石ビーズを使用。
淡いグリーンの物がジェイド、白っぽい物はムーンストーンとブルームーンストーンです。
留め具からセンター部分までは左右対称に、交互に使っております。
パッと見では区別がつかないかと思いますが、光にあてて近くで見た時、青い光が見えるのがブルームーンストーンです。
(写真ではうまく青い光が写せませんでした…)






センター部分は、通常のロザリオのセンターパーツではなく、チャームをつけてセンターパーツのような感じにしてあります。



裏側も。
写真を撮った時の環境の都合で金色系に見えますが、センターのチャームは銀色です。




カニカンも銀色。
留める部分の先にブルームーンストーンと薔薇のチャームをつけておりますので、背中側へ垂れます。







SDGr天使ボディ着用。




SD17男の子ボディ着用。




SDGr男の子ボディ着用。




トルソーのボディ部分は肩から下までの長さが約14cmです。
センターまで長めですので、40cm級以下にはかなり大きめかと思われます。

金具(9ピンや丸カン)が細かいため、ウィッグが引っ掛かりやすいかと思いますので、
ウィッグを着ける前に装着して頂くのがおすすめです。

ビーズとビーズの間にある十字架パーツが、ビーズ側の金具のカーブに沿って、どうしてもねじれてしまいがちです。
ご面倒かと思いますが、力を加えずにゆっくりと整えてあげてください。

また、金具はメッキ塗装のものを使用しておりますのでこすったり削れたりすると剥げてしまう可能性があります。
細かいパーツや金具など、強く引っ張ったり曲げたりすると壊れたり折れたりしてしまいますので、優しくお取り扱いください。


スポンサーサイト

ロザリオ型ネックレス(オレンジ系)



ロザリオ型ネックレス。小ぶりで華奢なイメージです。
出品にあたり、センター部分と十字架のチャームを変更して、長くするために使用していたチェーン部分を外して長さを調整しました。
ビーズ部分の組み合わせは自宅で使用していた時と変更はありません。









主にクラフトショップで購入した金具・チャーム・ビーズを組み合わせています。
透明とクリアピンクのビーズと、アンバーの天然石ビーズを組み合わせています。
オレンジ色の4粒がアンバーです。




カニカンでの着脱です。アジャスターはありませんので長さの調節はできません。




SDGr天使ボディ着用。






女の子向けですが着けられないことはないので、ご参考に、SD17男の子とSDGr男の子にも。
ただセンターまで短いので、バランスが難しいかもしれません。




トルソーのボディ部分は肩から下までの長さが約14cmです。

センターまでを短めにしているので、ミニSDやSDmidiなどの40cm級にもお使い頂けるかとは思いますが、センターから十字架チャームまでの長さの関係で40cm級以下には大きめ(長め)の着用感になるかもしれません。
手元にボディが無いため未確認です。

金具(9ピンや丸カン)が細かいため、ウィッグが引っ掛かりやすいかと思いますので、
ウィッグを着ける前に装着して頂くのがおすすめです。
また、金具はメッキ塗装のものを使用しておりますのでこすったり削れたりすると剥げてしまう可能性があります。
細かいパーツや金具など、強く引っ張ったり曲げたりすると壊れたり折れたりしてしまいますので、優しく取り扱ってあげてください。


夢想家たちの人形部屋~赤の部屋~



創作人形の展示で撮らせて頂いた写真。
この記事は「アラビク」での「赤の部屋」の写真を収めております。

※作家さんの展示の関係で、この記事にはトルソーでのドールの写真が数枚あります。

夢想家たちの人形部屋~青の部屋~



先週、創作人形の展示を見に行ってきました。
SDなどのキャストドール以外にも、ビスクや粘土など創作のものにも元々興味があり、そういったものの展示をいつか一度は見に行きたいなあと思っていた折、twitterで偶然、展示風景の写真を拝見しました。
とても好きな雰囲気の人形さんたちでしたので、これは実際に見に行ってみたい!と足を運んだ次第です。

かなさん、神原由利子さん、未央さん、という3名の作家さんの合同展で、わたしの行った日は二店舗での同時開催期間でした。
両会場ともに撮影・掲載可能とのことで、作家さんのお言葉に甘えてたくさん写真を撮らせて頂きました。
枚数が多くなったので、会場ごとに記事を分けて記録しておきたいと思います。
こちらの記事には「ギャラリー短篇集」での「青の部屋」の写真を収めております。

※作家さんの展示の関係で、こちらの記事にはヘッドのみの写真が数枚あります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。