クー (坂本龍馬) - kuunpoika
k u u n p o i k a

5年目。



1月6日でクーさんがうちに来て4年経ちました。
そして、5年目が始まってから早数日。4年という月日が経っていることが信じられない。5年目。早い。

公式サイトで初めて坂本さんのページを見た瞬間や、お店で購入するまでのこと、購入した日のこと、家で改めて箱を開けてウィッグや着物を全部着けて対面した時のこと…
こうした節目の日を迎えると、いつも、昨日のことのように思い出します。



わたしのドール歴は彼が来るよりも数年前からで、ドールの出入りも多めですが、今現在も手元にある中では、一番長く、過ごしています。
着せ替えや撮影はもちろん、交流や今も仲良くしてくださってる友人たちと出会うきっかけにもなったり、SDの取り扱いに関することや、里帰りメイクなどのメンテナンス面でも、たくさんのことを学ばせてもらっています。
きっとこれからも自分にとっては大切な存在。
現実のこと、自分の心身や環境のこと、時々考えてしまい、先のことはわからなくて不安になってしまったりもしますが、
楽しいドール趣味を楽しめていることへのありがたさと、できれば末永くこうして穏やかに過ごしていきたいと、毎年この日を迎えるたびに思います。




メイクの旅で不在のため、昨年撮影して編集などのタイミング逃していた写真を。








この日はクロードと一緒にスタジオへ。







ハウルに出てきそうな美味しそうな目玉焼きとソーセージや、へいちょの窓、魔女のほうきと黒猫さん。
カントリー調なお部屋楽しかった。




抱えて階段降りている時に壁に写った影の横顔がとても愛おしく思えた。
















暗いのはぶれてしまったのが多いのだけど、とても好きな表情してて、気に入ってる。





クーさんは、寄り添い、見守る者。大丈夫だよって、受け入れてくれる。そんなイメージ。
「並べた時にクーさんより背が高くなるドールは購入しない」という考えが常にあり、高くはならなくても同じ背丈である17少年は、土方さん再販の時にすごく悩んでいました。(うちでは再販土方さんヘッドをうまく活かしてあげられないと思い至って控えた)
クロードは長年の憧れであるウィリアムズさんかつ、伏し目ウィリアムズさんとして発表されたのがサイズの悩みも吹き飛ばす程「ほしいくらいの好き」で、17少年でも応募に踏み切りました。
それでも、並べた時の自分の謎の背丈に関するこだわりはどうだろうかってちょっと心配していました。
実際一緒に撮ってみたら杞憂で、違和感も特になく、むしろ好きな自分のドールが並んでいることが嬉しかったです。








一緒にいてくれて、ありがとう。



クーさんはいつも穏やかだなー







更新されていた新しいフルチョイスのヘッドが気になっています。また里へ行ける時に、サンプル展示モデルさんを拝見したいな。
気付けば6月。明日もがんばろう。おやすみお月さま。

血の通う








メイクオーダーに出していたクーさんのハンドパーツが帰ってきました。
自然な感じにお願いしたくて、濃すぎないように、坂本さんメイクの雰囲気に合わせて頂いて、とても理想的です。
メイク途中の画像を拝見した時から、人間の手のように見える瞬間があったりして、帰ってくるのが楽しみでドキドキしていました。
わたしのこだわりで、血管部分を青っぽくして頂きたくて、可能かどうか先にお伺いしてから、受け付けて頂きました。
爪もとっても細やかで、感動しております…!




いつもつい似たような角度ばかりになってしまいますが。
ほんのり優しく色付いただけで、実物を見た時や写真を撮った時の印象が今までと違って感じるのがすごいなあと思います。
爪がリアルで、まるで血の通うような印象になりました。
フットパーツや、むしろボディ全部一緒にお願いすれば良かったかもとまで思いました…!フットパーツやボディ塗装、余裕がある時に自分でも挑戦してみたくなりました。
銃持ち手も一緒にお願いしたのですが、ささっと撮ったので写真は通常ハンドのみで…今日からまたクーさんも撮れるようになったので、家や里などのんびり撮れたらと思います。
相談に乗ってくださって、そして素敵にしてくださって、感無量です。ありがとうございます!


ファインダー越し



新しい一眼カメラで撮ったクーさん。
カメラを買ったら初めにクーさんを撮るんだと決めていて、
買った日の夜に撮りたくて仕方なくて、部屋で少し撮った。月の瞳をしている。



まだ設定などが手探りで、撮る時に好きな色合いの設定にするのが難しくて。
その後少しずつ設定を調整しながら、別の日の自然光が入る日中に改めて、いつものクーさんを撮ってみる。











今までは難しかった顔のアップも撮りやすくなりました。だいすきなきらきらしたクーさんを写せた気がして嬉しい一枚。
切り取った空間がファインダー越しに見えるのが嬉しくて、元々撮ることが好きだったのが更に楽しくて好きになりました。

Waiting For Love









写真を撮っている時・撮った写真を見ている時、音楽が頭の中に流れることがよくある。
逆に、不意に頭の中に音楽が流れ出した時、撮った写真が思い浮かぶことがある。

この日のクーさんの写真の一部は「♪Thursday waiting for love」と思い浮かぶ。
一週間の曜日の数え歌のようなフレーズがあって、昨年知って大好きになって以来「今日は何曜日だ」と認識すると、頭にその曜日のフレーズが浮かぶ曲。
このクーさんの写真は、木曜日でなくても、サビが浮かんでそこから一曲ぐるぐるめぐる。

時々、他のオーナーさんに「クーさんはとても優しい顔をしてる」とおっしゃって頂きます。(ありがとうございます。)
優しく穏やかに微笑んでいる顔を見ると心からほっとします。
写真に撮ることで、その瞬間わたしが見たり感じたりしたかけがえのない時間を切り取って残せていたらいいなあ。
なかなか出せない日々が続いていますが、ドールは逃げない=待っていてくれると思うので、のんびりゆったり楽しみましょう。





君へ







この想いが届きますように。





追記は頂いたコメントへのお返事です。ありがとうございます!


All For You














ドルパで購入させて頂いたcotoriさんのお洋服、黒いロングセーラーをクーさんに。
休みになったら着せて撮りたい…と思い早一週間以上、今日ようやくクーさんを少し出せて、着せた瞬間、クーさん格好良い…っと思わず声に出てしまうくらい感動して、胸がいっぱいになりました。
アクセサリーは以前届いたお花アクセサリーのひとつです。黒だったので合わせてみたら更に素敵に!
彼を素敵な姿にさせてくれるお洋服やアクセサリーに出会えて、わたしは幸せ者です。大切にします。














画像取り込んでいる時、「You know that you're my reason in life」と、歌が頭の中にぐるぐる駆け巡りました。
“すべてはあなたのために。”