kuunpoika
k u u n p o i k a

ガーネット色



神楽さんに赤い瞳。やっと試せた。とても好き。

ネックレスの制作進んでいますが、作るの優先で。
予定しているものが全て出来上がったら撮影もしたいなと思っています。
ボークスニュースも届いて、色々気になりつつ。もうしばらく更新はゆったりです。

angels surround me

























































今夜は皆既月食。帰宅する頃はきっともう終わっている時間帯。二人をそばに置いて眠ることにしました。
家には天使たちが、寒い夜道は満月が、守ってくれる

風のように過ぎていく昨日と、まだ見えない明日。
日々ささやかでも感じられる幸せと、今日という日を迎えられることに感謝を。


赤い瞳



昨日の会場でワークショップ一段落してから拝見したグラスアイのディーラーさんで、とても好きな赤色のアイを購入。
吸い込まれるように綺麗な色で、心奪われてしまいました。
シングルアイで、他には似た色やサイズが無かったので、オッドアイでも良さそうだと思い、手持ちのアイと合わせてティアナさんで試しに着けてみました。
同じ日に並んでいて、選ぶ時にこの子も素敵だなあって見とれた霞さんを思い出した。

ドールに赤いアイ、欲しいなーと長年思いつつ、なかなかこれだ!っという色合いは見つからずにいました。
グラスアイだけ見ても不思議とこわくなくて、素敵な赤だーってときめいてしまいます…着けてみても格好良くて、あの時ディーラーさん見に行って良かった!
神楽さんにも着けてみたい気持ちがあるので、また今度じっくり試してみよう。

帽子作り。



ディーラーさんのワークショップに参加して、帽子を作りました。
準備されたキットを自分で縫い合わせて、帽子と箱の装飾やリボンを好きなものから選ぶというもの。
ワークショップそのものが初めてで緊張していましたが、知ってる方がいらしたり、先生(ディーラーさん)や他の参加者のみなさん優しくて、緊張もどこへやら。夢中で縫って、とても楽しかったです。
縫い進め方も丁寧に教えて頂けて、無心になって縫うのが楽しくて、どんどん形が出来上がっていくのも、完成した時も、嬉しい。縫い物で何か作るのは久々で、喜びもひとしおです。






参加前に、素材持ち込んでのアレンジ歓迎とあって、細いリボンとブローチ持って行きました。
リボン以外に先生が持って来てくださった羽根とパーツもばっちり使わせて頂いて、好きな感じになった!




思っていた以上に早く出来上がって、まだ当日分のキットがあったのと、時間にも余裕があったので、せっかくなら対のようにしたくてもう一つ作らせて頂きました。
材料さえあればずっと縫っていたいくらい楽しかった~二つとも大事に使います。










他の参加者さんのドールさんたちと一緒に。
写真には撮れなかったのですが、帽子も箱も、リボンが違うだけでも雰囲気が様々で、可愛いがたくさんで幸せでした。











楽しい時間をご一緒させて頂いて、ありがとうございました。





帰りにふらっと寄ったカフェが素敵な空間で、ごはんも美味しくて、好きになった。
気になっていたすみかのアフターは立ち寄れず。次に行けそうな日はいつだろう。

今日は一日自由に好きなことに触れられて、癒されました。明日からまた頑張ります!



男の子を並べたくなった。クロードは神楽さんと並べたことなかったなあって思って。
17少年って、脚が長くて、座ると猫背ぎみだから、Grや女の子と並べてもそんなに座高の差や本体の大きさは感じないのが不思議。
立たせて置くと、やっぱり背高い、大きい!って思うんですけれど。
座ってても、複数並ぶと存在感があります。

年明けてから半月が過ぎ、ようやく落ち着いてきたかな。
昨年末から先延ばしになっていたロザリオ型ネックレスの制作を少しずつ進めています。
写真もゆっくり撮りたいー




おやすみ、また明日。

5年目。



1月6日でクーさんがうちに来て4年経ちました。
そして、5年目が始まってから早数日。4年という月日が経っていることが信じられない。5年目。早い。

公式サイトで初めて坂本さんのページを見た瞬間や、お店で購入するまでのこと、購入した日のこと、家で改めて箱を開けてウィッグや着物を全部着けて対面した時のこと…
こうした節目の日を迎えると、いつも、昨日のことのように思い出します。



わたしのドール歴は彼が来るよりも数年前からで、ドールの出入りも多めですが、今現在も手元にある中では、一番長く、過ごしています。
着せ替えや撮影はもちろん、交流や今も仲良くしてくださってる友人たちと出会うきっかけにもなったり、SDの取り扱いに関することや、里帰りメイクなどのメンテナンス面でも、たくさんのことを学ばせてもらっています。
きっとこれからも自分にとっては大切な存在。
現実のこと、自分の心身や環境のこと、時々考えてしまい、先のことはわからなくて不安になってしまったりもしますが、
楽しいドール趣味を楽しめていることへのありがたさと、できれば末永くこうして穏やかに過ごしていきたいと、毎年この日を迎えるたびに思います。




メイクの旅で不在のため、昨年撮影して編集などのタイミング逃していた写真を。








この日はクロードと一緒にスタジオへ。







ハウルに出てきそうな美味しそうな目玉焼きとソーセージや、へいちょの窓、魔女のほうきと黒猫さん。
カントリー調なお部屋楽しかった。




抱えて階段降りている時に壁に写った影の横顔がとても愛おしく思えた。
















暗いのはぶれてしまったのが多いのだけど、とても好きな表情してて、気に入ってる。





クーさんは、寄り添い、見守る者。大丈夫だよって、受け入れてくれる。そんなイメージ。
「並べた時にクーさんより背が高くなるドールは購入しない」という考えが常にあり、高くはならなくても同じ背丈である17少年は、土方さん再販の時にすごく悩んでいました。(うちでは再販土方さんヘッドをうまく活かしてあげられないと思い至って控えた)
クロードは長年の憧れであるウィリアムズさんかつ、伏し目ウィリアムズさんとして発表されたのがサイズの悩みも吹き飛ばす程「ほしいくらいの好き」で、17少年でも応募に踏み切りました。
それでも、並べた時の自分の謎の背丈に関するこだわりはどうだろうかってちょっと心配していました。
実際一緒に撮ってみたら杞憂で、違和感も特になく、むしろ好きな自分のドールが並んでいることが嬉しかったです。








一緒にいてくれて、ありがとう。

撮り初め







年末年始を過ぎて休日の3日に、昨年お詣りした京都の神社を巡る初詣へ。
途中で展示を見たかった里にも立ち寄りました。星間の子たち並んでるのが素敵だったなあ。
ワンオフさんも華やかで、眼福でした。
今度はドール持ってゆっくり撮りに行きたいです。

今日はセレナさんで撮り初め。
昨年末、ちょうどクリスマスに届いたバブーシュカを、ようやく着けて撮ることができました。
とても好きな色合いに仕上げて頂いて、感激です。



初詣の時に、自分の分と、当日一緒に行けなかった母の代わりに選んだ分とで2つ頂いてきたおみくじ、夜帰宅してから母と一緒に開けて見たら、両方とも大吉でした。何だかいいことがありそう。
本年もよろしくお願い致します。