Angellyca

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休止中。

更新を一時休止中です。
何かございましたら、お手数ですがメールフォームよりお知らせくださいませ。

近年の環境変化と、体調面の問題に伴って、今の自分の無理のない範囲で遊べるように、ドールを少しずつ縮小しています。

スポンサーサイト

ブログ名変更のお知らせ

長年イラスト活動で使用していたサークル名「Angellyca」をドールのディーラー活動でも引き続き使用しております。
ブログ名とは違っているのが紛らわしいかなとずっと思っていたので、店舗委託を機に、本日よりサイト名も活動名に合わせることにしました。
改めてよろしくお願い致します。



ボークスニュース vol.82



待望のピンクハウスコラボ。可愛い。とても好き。
ボークスニュースの表紙も、カタログやファッション誌みたい!
ドール本体はリアル系寄りで、結構わたし好み。Angelaさんが特に好きです。
熱海イベントでの販売とのことで、さすがに少し難しいかな…すごくすごく気になるけれど、悩みます。

京都ドルパではルナとリーゼロッテの再販。
20周年の投票企画は、この京都からスタートなのですね。
二人とも可愛い〜
ルナちゃん、今までのデフォルトメイクの印象でキリッと格好良いイメージを持っていたのですが、今回ふんわり優しい系のメイクでとても好きな感じです。

リーゼロッテといえば、少し前にメイクオーダーに当選して、メイクをして頂いておりました。
少し大人っぽくなって帰ってきた。
この子は15周年で発売された時のリーゼロッテ3rdなので、あの時からもう5年も経っているのか…年月の経過が早すぎます。
最近ゆっくりドールや写真など遊ぶ余裕があまり無くて。また後日改めてきちんと撮れたらいいな。

シャルロッテちゃんは、ドルパではワンオフモデルで出たりするのかな。
ルナとリーゼの特別展示などの企画も書かれているので、可愛いドルパになりそうで、楽しみです。

委託のお知らせ

先日、天使の里と天使のすみか大阪店へ、委託のアクセサリーを預けてきました。
近いうちに店頭へ置いて頂けるかと思います。
店舗委託が初めてのことですので、どのような感じなのか知りたくて、今回は、まず手元にある分でいくつかお預けしました。

お預けした種類は下記のものです。店舗によって預けた種類が違います。
記事は制作当時の物なので過去にご覧頂いたことがある方は同じ内容で恐縮ですが、委託品は試着が出来ないと思うので、サイズ感の参考になればと思いリンクを繋げております。



*ラピスラズリのロザリオ



*ガーネットのロザリオ



*フロストハウライトのロザリオ



*アメジストとシトリンのロザリオ



*ロードナイトのロザリオ


ねむねむさん



年末にやってきた、作家さんのテディベア。
幸せそうなお顔に癒されます。

小さい頃に市販キットでテディベアを作ったことがあり、我ながら気に入ってローズという名前を付けていました。
その後いつしか経年劣化でさよならしたのですが、大人になってから、ボロボロでも良いから置いておけば良かったな…なんて思うことがありました。

このテディベアさんの事前紹介で画像を拝見した時に、大きさや色や顔などはもちろん違っていても、ふわふわの雰囲気や野ばらのモチーフなどが、自分のローズの事を思い起こさせました。
運良く縁を頂けまして、手元に届いて開けて顔をみた瞬間、何だか初めて会った気がしないような、生まれ変わってまた会えたような嬉しさを感じました。
この子の呼び名は、野ばら=Röslein(ルースライン)から取って、ルーくんです。

自分で作れるテディベアキットも購入させて頂いたので、休日に少しずつ、頑張って作ってみたいと思います。
そして、このベアは作家さんがご活動10周年を記念して制作されたとのことでした。心よりおめでとうございます。




すみれとリボンのボンネット






ワークショップに参加して、ハーフボンネットを作ってきました。
淡いブルーとピンクと布花デザインが可愛くて、是非参加したいと思って。無事に作れて完成出来て嬉しいです。




土台まではみんな同じ作り方で、お花やリボンは自分で好きなように配置します。
先生の見本も、参加されてた皆さんのも、世界にひとつしかないそれぞれの自分だけのすてきなボンネットが出来ていました。
リボンを縫った玉留めを隠せるように、持参されていたレースを縁に付けてアレンジされていた方もいらっしゃって、おすすめ頂いたので、わたしも今度似合いそうなレースを探して付け足してみようと思います。






同じ時間に参加されていた方と一緒に撮らせて頂きました。
アーニーくん好きなので感激。妖精みたいで可愛かったなあ。




ずっと欲しかったウィッグも販売されていて、購入することが出来たので、早速使ってみました。
久し振りのティアナさん、持って行って良かった。
参加できてとっても楽しかったです。ありがとうございました。

物語の中の少女 京都巡回展



京都の春秋山荘で開催されている『夜想 #中川多理──物語の中の少女』京都巡回展を拝見してきました。




















まだ紅葉の残る、わたしにとっては非日常的に思える道。
木々に囲まれた中、川の流れる音に癒されながら、どこか遠くの異世界へ誘われそうな道の先を目指しながら。
その時々に毘沙門堂や山科聖天の鳥居の佇まいが現れてハッと背筋の伸びる気持ちになりながら。
初めて訪れたのですが、昔見た印象的な夢の風景にどこか似た雰囲気もあって、デジャヴのようで懐かしさも感じたりしました。






山荘の階段辺りで、最初は看板を見過ごして少し通り過ぎてしまって、この辺りのような気がするけれど合っているかな? と逡巡していたら、背後から「にゃあ」と呼ばれました。振り向くとそこには目指していた階段と可愛らしい門番さん。
「にゃあ、にゃあ」と近くに来てくれて足の周りをぐるぐる。そして階段を上っていく黒猫さんに導かれるように、無事辿り着きました。




階段を上り、赤い紅葉の絨毯の庭を眺めながら、建物の外からガラス戸越しに『耶蘇降臨祭前夜』の二人が見えて、思わず一瞬足が止まって息を呑む。
ふたりきりの世界を覗き見してしまっているかのような感覚も浮かびながら、帰りにも、また振り返って見てしまいました。

扉をくぐるとそこは別世界のようで、囲炉裏に畳、とても落ち着いた空間に、そっと佇む物語と住人たち。
お人形さんもおちびちゃんたちも、今まで作家さんやオーナーさんのお写真で見て想像していた以上に大きくて、驚きました。

展示を知る以前から読んでいた好きな小説の登場人物『レイア姫』が居ると知ってから、見に行ける日を楽しみにしていました。
部屋の片隅でひっそりと、けれど鮮やかに、姫とおとうさまの優しい世界が広がっていて、拝見できてとても幸せでした。
もちろんレイア姫のみでなく、初めて実際に作品の数々を目にすることができて嬉しかったです。多理さんの作品がもっと好きになりました。
特に『コハクチョウ』さんと『耶蘇降臨祭前夜』の二人が美しくて好きだと思いました。
この登場人物はどんな物語に身を置いているのだろう…と、読んだことのない小説も是非読んでみたくなります。

夕暮れ時の時間帯に伺って、観終えて外へ出ると辺りがすっかり暗くなっていて。
トンネルを越えると…や、竜宮城から戻ると…という喩えは少し違うかもしれませんが、あの空間にトリップしている間に長い時間が経っていたんじゃないかという錯覚で、過ごした時間が何時間にも感じられた。




サイン入りの作品集も購入させて頂くことができました。
目と心に焼き付けた美しい光景に想いを馳せながら、いつでも夢の世界へ浸りたいと思います。
今回の会期も来月末まで延長されたとのこと。今後また展示など行けそうな機会があれば、また是非作品拝見したいです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。